シミで印象がガラリと変わる【美容外科で若返り法を実践】

先生

きれいな素肌になろう

肌の色素沈着

女性

気がつかないうちに出来ている肌のシミ。なぜか顔に影が出来ていると思ったらそれはシミだったということがあります。シミとは肌にメラニン色素が沈着して起こる現象です。メラニン色素は紫外線の影響などによって増殖します。シミにはさまざまな種類が有りその特徴によって治療法も違ってきます。そばかすや肝班、ニキビ跡の色素沈着など顔に出来るシミは様々です。そばかすは、遺伝によるものや子供に多く見られます。鼻の周りにできるのが特徴ですが体に出来ることもあります。肝斑は頬の上や額などにできることが特徴です。女性ホルモンが主に関係していると言われますが紫外線やストレスもその原因と見られています。またニキビ跡や怪我などをした後の傷跡、アトピー性皮膚炎などによる色素沈着もあります。これらのシミは太陽の紫外線をあびると反応して色が濃くなる場合が多いのです。外に出るときは日焼け止めクリームなどを塗って紫外線対策をすることが必要です。シミが出来たらまず悪化させないことを心がけましよう。

医師に相談しよう

子供時代に出来たそばかすのようにそのままにしておいても自然に治るシミもあります。しかし、ほとんどのシミは治療が必要です。薬用クリームを塗ったり、マッサージをしたりしてシミを薄くする努力をしている人はたくさんいます。しかしニキビ跡のクレーターのようになった色素沈着などは治りにくいものです。完治を目指すなら医師による整形が必要です。整形にはレーザー照射、ケミカルピーリング、ヒアルロン酸の注射などがあります。レーザー照射は肌にレーザーを照射しメラニン色素を破壊し肌をもとの状態に戻します。ケミカルピーリングは薬品で肌に軽いやけどを起こさせます。その肌を元に戻そうとする皮膚の回復力を利用して肌の色素沈着を消し去るのです。いずれの整形も痛みもなくほとんど傷跡も残りません。シミを消し去るのに即効性を求めるのには格好の治療法だと言えるでしょう。シミは一度出来たらなくすには時間がかかります。整形などの治療法もありますが、普段からの注意や肌の手入れが何より必要です。